ご挨拶・活動方針

HOME >> 取扱業務 >> 借地・借家のトラブル

借地・借家のトラブル

借地・借家事件

借地・借家トラブルの典型例は、賃借人が家賃(地代)を支払ってくれず、滞納家賃(地代)がかなりの金額になってしまったので回収したい、契約を解除して退去してもらいたいといったケースです。また、建物が老朽化したために立ち退きを求めたい、土地の不法占拠者に対して明け渡しを求めたいといったケースもあります。

  • 未払賃料
  • 契約解除
  • 賃料増額又は減額請求
  • 契約の更新
  • 更新拒絶土地明け渡し
  • 建物退去

弁護士費用

~賃貸アパート・マンションの居室における家賃滞納、建物明け渡し事例(比較的簡易なもの)

主に家賃滞納を理由とする建物明け渡し請求を行う場合を言います。通常、3~4ヶ月の家賃滞納がある場合、家賃の請求とともに契約解除・明渡請求までを行います。
以下、事件の流れと費用について概略を記載します。

(1)家賃滞納者への通知

内容証明郵便により、滞納家賃の支払い及び建物の明渡を請求します。
併せて保証人への請求を行います。 

手数料 3万円(税別)
実費 2,000円(税別)程度

※上記料金には示談交渉は含まれません。

(2)示談交渉

家賃滞納者より連絡があれば、滞納家賃の支払・明け渡しについて示談交渉を行います。話し合いでの解決が図れる場合、家主・オーナー様にも一定の譲歩を求めることがありますが、早期の退去を実現することで新たな入居者を募集することができ、結果として家主・オーナー様にとって大きなメリットがあります。

(3)建物明渡請求訴訟(裁判)

話し合いでの解決が得られない場合、裁判を提起します。

(ア)事件受任時

弁護士報酬 着手金15万円(税別)
実費 裁判所の印紙代・郵券代等

(イ)事件終了時

弁護士報酬 報酬金20万円(税別)
+家賃を回収した場合、回収額の15~20%(税別)

(4)強制執行

判決が出たにもかかわらず家賃滞納者が退去しない場合、その意思にかかわらず強制的に建物から退去させます(強制執行)。但し、実際に強制執行するまでの間に、任意に退去するよう交渉も継続します。

弁護士報酬 0円(建物明渡請求訴訟に含む)
実費 強制執行予納金(裁判所)・業者費用等
※遠隔地の場合は別途交通費

※実費はすべて依頼者様にご負担頂きます。
※占有移転禁止の仮処分を申し立てる場合には、弁護士費用として別途12万円(税別)が必要です。

ご相談・お問合せはこちらから

0586-43-3800

受付時間:平日AM9:30~PM5:30 休日もご相談できる場合がございます。詳しくはお問合せ下さい。

Topics

一宮総合法律事務所

住所: 愛知県一宮市神山1-1-6
のむらビル3階アクセス
営業: 平日AM9:30~PM5:30
休日: (土日、祝日休み)
TEL: 0586-43-3800

営業エリア

名古屋市・一宮市・稲沢市・江南市・岩倉市・北名古屋市・清須市・小牧市・扶桑町・大口町・犬山市・春日井市・豊山町・大治町・津島市・あま市・愛西市

岐阜市・岐南町・笠松町・各務原市・羽島市・大垣市・瑞穂市・安八町・輪之内町・養老町・海津市・関市・美濃市

愛知県・岐阜県・三重県その他

 

ページトップ